2020.11.26 22:38

パナソニック、継投で競り勝つ 田中監督「しんどかった」/都市対抗

パナソニック、継投で競り勝つ 田中監督「しんどかった」/都市対抗

9回裏2死満塁、百目鬼を中飛に仕留めガッツポーズするパナソニックの北出=東京ドーム

9回裏2死満塁、百目鬼を中飛に仕留めガッツポーズするパナソニックの北出=東京ドーム【拡大】

 第91回都市対抗野球大会第5日(26日、伏木海陸運送1-2パナソニック、東京D)都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)パナソニック(門真市)ホンダ熊本(大津町)が2回戦に進んだ。

 昨年8強のパナソニックが苦しい戦いを制した。打線は毎回の12安打ながら2得点。5投手の継投で相手を1点に抑え、田中監督は「しんどかった」とつぶやいた。

 投手陣の合言葉は抑えの「北出に回せ」だ。2-1と勝ち越した直後の七回は1死満塁で162センチの小屋が帽子を飛ばしながら後続を断つ。北出は八回1死二、三塁のピンチで登場して九回2死満塁もしのぎ「不安はなかった。練習でいつも想定しているから」。仲間からの信頼を「裏切らない」という思いが勝利につながった。

試合結果へ試合日程へ