2020.11.22 22:35

トヨタ自動車・栗林は本塁打悔やむ「自分の力不足」/都市対抗

トヨタ自動車・栗林は本塁打悔やむ「自分の力不足」/都市対抗

2回表、セガサミー・北阪(下)に先制2ランを浴びたトヨタ自動車・栗林=東京ドーム

2回表、セガサミー・北阪(下)に先制2ランを浴びたトヨタ自動車・栗林=東京ドーム【拡大】

 第91回都市対抗野球大会は22日、東京ドームで開幕して1回戦2試合が行われ、トヨタ自動車(豊田市)がセガサミー(東京都)に0-2で屈した。

 広島ドラフト1位指名のトヨタ自動車、栗林は二回に喫した2点本塁打が重くのしかかり「自分の力不足」と唇をかんだ。七回まで投げて6連続を含む13奪三振と実力を示したものの「三振はゼロでもいいので、0点に抑えたかった。申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しさをにじませた。

 セガサミーの8番打者、北阪は内角速球を引っ張り、右越えに運んだ。「好投手相手に打ててよかった」とうれしそうだった。

試合結果へ試合日程へ