2020.11.21 23:03

ソフトバンク・周東がシリーズ初盗塁「まず一つできて、ほっとしている」

ソフトバンク・周東がシリーズ初盗塁「まず一つできて、ほっとしている」

8回、二盗を決めるソフトバンク・周東=京セラドーム大阪(撮影・今野顕)

8回、二盗を決めるソフトバンク・周東=京セラドーム大阪(撮影・今野顕)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンクの周東がシリーズ初盗塁で追加点を呼び込んだ。4-0の八回に先頭打者で四球を選んで出塁。警戒される中で二盗を決めると、中村晃の左前打で悠々と生還した。

 今季は50盗塁をマークし、育成出身初の盗塁王に輝いた。1番打者に定着した10月には13試合連続盗塁のプロ野球新記録を樹立。大舞台でも俊足を披露し「まず一つできて、ほっとしている。もっと塁に出て、揺さぶっていけるようにしたい」と威勢が良かった。

試合結果へ日本S日程へ歴代優勝チームへ