2020.11.21 21:33

ソフトバンク・グラシアル、G菅野から2安打!今年も好相性を発揮

ソフトバンク・グラシアル、G菅野から2安打!今年も好相性を発揮

2回、安打を放つソフトバンク・グラシアル=京セラドーム(撮影・中井誠)

2回、安打を放つソフトバンク・グラシアル=京セラドーム(撮影・中井誠)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンクの4番、グラシアルが菅野から2安打し、攻略の突破口を開いた。二回、六回と速球を右前に運ぶと、いずれも続く栗原が快音を響かせ、ホームを踏んだ。対菅野は昨年の日本シリーズ第4戦でも3ランを放って最高殊勲選手(MVP)に輝いており、今年も好相性を発揮した。

 左翼の守りでは五回、中島のフェンス際の飛球にタイミング良くジャンプして好捕した。「一戦一戦全力で頑張る」と意気込んでいたキューバ出身の強打者が攻守に奮闘した。

試合結果へ日本S日程へ歴代優勝チームへ