2020.11.21 03:00(1/2ページ)

番長DeNA、補強第1弾は196センチのメジャードクターK!パットンに代わる救援右腕期待

番長DeNA、補強第1弾は196センチのメジャードクターK!パットンに代わる救援右腕期待

DeNA・三浦大輔監督

DeNA・三浦大輔監督【拡大】

 DeNAが、新外国人として米大リーグ通算31試合登板の救援右腕、ケビン・シャッケルフォード投手(31)=前レッズ=を獲得することが20日、分かった。196センチの長身から繰り出す平均150キロ超の直球を武器に、メジャートップ級の奪三振率(9回換算の平均奪三振数)「10・1」を誇るドクターK。退団が決まったスペンサー・パットン投手(32)の後継候補となる新助っ人が、23年ぶりのリーグVを目指すチームに加わる。

 三浦新監督の誕生から3日。DeNAが早くも新助っ人の獲得に成功した。“ハマの番長体制”の補強第1弾は救援右腕のシャッケルフォード。近く正式に発表される。

 196センチの長身から投げ下ろす平均150キロ超の直球と、打者の手元で変化するスライダーが武器の31歳。特に目を引くのが高い三振奪取能力だ。メジャー通算31試合、計38回2/3を投げて45奪三振。「8」を超えれば一線級とされる奪三振率は「10・1」を誇る。

 マイナーでは通算264試合で18勝27敗42セーブと豊富な経験も持ち、2017年には3Aで驚異の奪三振率「11・7」をマークした。これは、今季両リーグの最多セーブ投手に輝いた阪神・スアレス(8・60)、西武・増田(7・71)を大きく上回る数字。米球界では「Kマシン」とも称された逸材で、球界関係者は「17年のオフにはDeNAを含む複数球団が調査を進めていた」と証言する。

【続きを読む】