2020.11.20 05:03(1/2ページ)

阪神・及川、来季1軍殴り込みだ!プロ最長の7回1失点力投「久しぶりにいいピッチング」

阪神・及川、来季1軍殴り込みだ!プロ最長の7回1失点力投「久しぶりにいいピッチング」

及川は帽子を飛ばしながら力投。プロ最長の7回を1失点に抑えた(撮影・松永渉平)

及川は帽子を飛ばしながら力投。プロ最長の7回を1失点に抑えた(撮影・松永渉平)【拡大】

 フェニックスL(19日)高卒1年目の阪神・及川雅貴投手(19)が19日、西武戦(南郷)に先発し、プロ最長の7回を6安打1失点と好投した。同じく高卒で同期入団した西純矢投手(19)、井上広大外野手(19)がスポットライトを浴びる中、存在感をアピール。貴重なサウスポーが来季、1軍殴り込みを目指す!

 宮崎の太陽に照らされたマウンドで、及川が主役の座をかっさらった。プロ入り後、自己最長の7回を投げ切る快投に、白い歯をのぞかせた。

 「久しぶりにいいピッチングができた。一球一球を意識して、自分のベストボールを投げようという考えでした」

 一回、山田に適時打を許し、いきなり1点を失ったが、回を追うごとに安定感が増した。「軸足にためた体重を、体重移動で殺さないように意識した」とフォームも微調整。七回2死から、最後は川野を低め直球でズバッと見逃し三振だ。

【続きを読む】