2020.11.20 19:49

ソフト・千賀が初戦の先発 菅野との投げ合いに「チームが勝つことが第一」

ソフト・千賀が初戦の先発 菅野との投げ合いに「チームが勝つことが第一」

笑顔を見せるソフトバンク・千賀=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)

笑顔を見せるソフトバンク・千賀=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)【拡大】

 プロ野球の「SMBC日本シリーズ2020」は21日に京セラドーム大阪で開幕し、セ・リーグ2連覇の巨人とパ・リーグを3年ぶりに制して4年連続日本一を狙うソフトバンクが対戦する。

 第1戦に先発登板するソフトバンク・千賀滉大投手(27)は20日にキャッチボールなどで調整。「普段通りに入れるんじゃないかなと思います」と静かに闘志を燃やした。

 4年連続で日本シリーズ初戦のマウンドを任された。「そこまで出ているチームがすごい。もちろん(初戦のマウンドは)慣れるものでもないですけど、初めてじゃないというのはあるので。今のところは落ち着いています」と経験を強調した。14日のロッテとのCS第1戦(ペイペイドーム)では7回3失点の粘投。中6日で頂上決戦に臨む。

 巨人・菅野とは今年1月に自主トレを行った。「(菅野との投げ合いが)楽しみというよりチームが勝つことが第一」と言い切った。最多勝(11勝)、最優秀防御率(2・16)、最多奪三振(149三振)の投手3冠に輝いた鷹のエースが、日本一のために腕を振る。