2020.11.20 20:38(1/2ページ)

【一問一答】巨人・原監督「ワンチームとして戦いを挑む」

【一問一答】

巨人・原監督「ワンチームとして戦いを挑む」

記者会見する巨人・原監督=京セラドーム(代表撮影)

記者会見する巨人・原監督=京セラドーム(代表撮影)【拡大】

 21日に開幕する「SMBC日本シリーズ2020」でソフトバンクと対戦する巨人・原辰徳監督(62)が20日、京セラドームで前日会見を行った。一問一答は以下の通り。

  --本拠地は東京ドームではなく京セラドーム

 「もう2、3日前から入って使わせていただいていますけれども、非常にきれいですしね。素晴らしい球場だなというふうに思っています」

 --日本シリーズを経験した選手も増えた

 「チームそのものは昨年より進化している。いろんな意味で、準備というものは昨年と比べるとできていると思います」

 --キーマンは

 「うーん、やっぱり中心選手は非常に重要な役割を持っていると。ただ、非常にこう、若武者もそこに加わるという部分では、結果を恐れずに彼らに期待したいというところもありますね。いずれにしても、チームがワンチームとして戦いを挑むというスタイルは、ペナントレース同様戦っていくと思います」

 --ソフトバンクで警戒する選手は

 「全員でしょうね。やっぱりパ・リーグのチャンピオンチームですから。相手を見るということも大事なんでしょうけれども、われわれの野球をしっかりできるかというところが最も重要だと思っています」

【続きを読む】