2020.11.12 16:30

明大が40度目の優勝 秋季新人戦/東京六大学

明大が40度目の優勝 秋季新人戦/東京六大学

明大・入江大生投手(右)は、新人戦優勝に導いた高山陽成投手(左)と久島光太郎内野手(中央)を祝福した=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

明大・入江大生投手(右)は、新人戦優勝に導いた高山陽成投手(左)と久島光太郎内野手(中央)を祝福した=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球秋季新人戦最終日(12日 決勝 明大1-0慶大 神宮)

 明大が九回1死一、三塁で、8番・久島光太郎内野手(1年)が決勝の中犠飛を放ち、先発右腕・高山陽成投手(2年)-左腕・石原勇輝投手(1年)の継投で無失点に抑えた明大が1-0で勝利。通算40度目の優勝を飾った。

 この試合で、明大・善波達也前監督の長男、慶大・善波力捕手(1年)が「8番・捕手」でスタメン出場し、第1打席に左前へ“神宮初安打”を放った。