2020.11.9 05:04(1/2ページ)

阪神D1位指名の近大・佐藤輝、虎で日本一誓った!逆転サヨナラ勝ちで有終胴上げ

阪神D1位指名の近大・佐藤輝、虎で日本一誓った!逆転サヨナラ勝ちで有終胴上げ

優勝し、胴上げされる佐藤輝。次はプロの舞台で日本一だ!(撮影・水島啓輔)

優勝し、胴上げされる佐藤輝。次はプロの舞台で日本一だ!(撮影・水島啓輔)【拡大】

 関西地区大学野球選手権最終日(8日、大阪市南港中央球場)有終のV!! 阪神からドラフト1位指名された近大・佐藤輝明内野手(21)が8日、関西国際大との決勝に「4番・三塁」で出場し、4打数1安打1四球。チームは延長十一回タイブレークの末、2-1で劇的な逆転サヨナラ勝ちをおさめ、関西王者の座をつかんだ。新型コロナウイルスの影響で明治神宮大会が中止となり、これが大学最後の公式戦。実現できなかった日本一の夢は猛虎で達成する!!

 白球が右前に弾む。劇的な逆転サヨナラ勝ちに佐藤輝が真っ先にベンチを飛び出した。ホームベースに広がる歓喜の輪。その中心でとびきりの笑顔がはじける。最高の結果で大学野球を締めくくり、ドラ1スラッガーが充実の表情をみせた。

 「すごくうれしかったです。ここで勝つためにやってきたので喜びというものは大きい。(大学4年間で)一番うれしいというか、一番盛り上がりましたね」

 タイブレーク(大会規定により十回以降)までもつれ込んだ激闘。十一回に1点を先行されながらも大逆転。「もちろん、この瞬間(優勝)をプロでも味わいたいですね」と目を輝かせた。

 「きょうはチャンスで何回か回ってきて打てなかったけど、チームメートに助けてもらった。チーム力で勝てた」

 一回1死一、二塁、七回2死満塁で、いずれも空振り三振。六回に一塁線を鋭く破る二塁打を放ったものの、得点には絡めなかった。0-0の延長十回1死二、三塁で迎えた大学最後の打席は、無念の申告敬遠。「勝負なので、どうしようもないです」-。それでも近大野球部全員の力で勝ち取った関西王者。仲間の手で宙も舞い、「(仲間には)『おめでとう』と『今までありがとう』と言いたい」と、照れくさそうに笑った。

 「チームで勝つことはうれしいなというのは、年を重ねるごとに思うようになりましたね」

【続きを読む】