2020.11.8 16:05

早大が逆転勝ちで10季ぶり通算46度目の優勝/東京六大学

早大が逆転勝ちで10季ぶり通算46度目の優勝/東京六大学

表彰式後の記念撮影に臨む早大ナイン=神宮球場(撮影・斎藤浩一)

表彰式後の記念撮影に臨む早大ナイン=神宮球場(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ最終週最終日(8日、早大3-2慶大、神宮)早大が劇的な逆転勝ちで10季ぶり、通算(46)度目の優勝を決めた。試合は三回に先制したもののすぐに追いつかれ、四回に瀬戸口の適時打で勝ち越されていたが九回2死一塁で、8番・蛭間拓哉外野手(2年)が中越えに逆転2ラン。八回から6番手で救援していた楽天からドラフト1位指名のエース左腕・早川隆久投手(4年)が2回無失点で抑え、“胴上げ投手”になった。

 ヤクルトから1位指名された慶大のエース右腕・木沢尚文投手(4年)は7番手で1回2/3を1失点。九回に左前打を浴びて降板し、その後に逆転された。

試合日程へ

  • 優勝を決め喜ぶ早稲田ナイン=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 10季ぶり46度目の優勝を果たし喜ぶ早川(中央)ら早大ナイン=神宮
  • 表彰式後の記念撮影に臨む早大ナイン=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 8回投球する早大・早川=神宮球場(撮影・斎藤浩一)