2020.10.31 05:02

ヤクルトD5位指名・並木、神宮のSPEED STARに!50メートル走5秒32

ヤクルトD5位指名・並木、神宮のSPEED STARに!50メートル走5秒32

指名あいさつを受けた並木(中央)。これからは神宮のグラウンドで輝く。左は丸山スカウト、右は橿渕スカウトグループデスク (撮影・長崎右)

指名あいさつを受けた並木(中央)。これからは神宮のグラウンドで輝く。左は丸山スカウト、右は橿渕スカウトグループデスク (撮影・長崎右)【拡大】

 ヤクルトにドラフト5位指名された独協大・並木秀尊外野手(21)が30日、埼玉・草加市内の同大で橿渕スカウトグループデスク、丸山スカウトから指名あいさつを受けた。野球部のオフ期間に警備会社でアルバイトを経験した神宮球場は「憧れの場所」。50メートル走は5秒32とプロでもトップレベルの俊足を武器に、夢をかなえる。

 神宮球場との縁を感じた。高津監督が「一緒に頑張ろう」と書き込んだドラフト会場のIDカードを手渡された並木は、大事そうに受け取った。

 「自分自身、大きな舞台に立ったことがない。大学とのつながりでアルバイトをすることがあったので、そういう面では縁があったのかな」

 首都大学リーグ2部の独協大からの指名は球界初。「神宮球場は憧れの場所」と目を輝かせるのには理由がある。野球部の活動がオフの期間には、神宮の警備を担当する日本総業でアルバイトを経験した。「チケットのもぎりだったり、球場案内だったり、警備をしました」。グラウンドに立つ機会はなく、「体の違いを感じた」と、遠目に見えるプロの姿に夢を膨らませてきた。

 昨年12月に行われた大学日本代表の候補合宿では、50メートル走で5秒32を計測。「サニブラウンに勝った男」として知られる五十幡(中大、日本ハム2位指名)の5秒42を上回り、スカウト陣に衝撃を与えた。

 「一番のアピールポイントは足。まずは足でアピールして、その上で走攻守で活躍したい」と並木。プロでも屈指の俊足を武器に、170センチ、71キロの体で神宮を駆ける。(長崎右)

ドラフト指名選手へドラフト情報へ