2020.10.30 22:25

【試合結果】巨人、ヤクルトと引き分けて優勝 阪神も引き分け、中日は大敗/30日のプロ野球

【試合結果】

巨人、ヤクルトと引き分けて優勝 阪神も引き分け、中日は大敗/30日のプロ野球

 プロ野球は30日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

試合速報へ


(セ・リーグ、巨人3-3ヤクルト=延長十回規定により引き分け、20回戦、巨人12勝5敗3分、30日、東京D)

10回ヤクルト2死三塁、村上を見逃し三振に仕留め、雄たけびを上げる巨人・ビエイラ=東京ドーム

 両チームともに決め手を欠いて引き分けた。巨人は九回2死満塁のサヨナラ機で丸が空振り三振に倒れた。ヤクルトは八回にエスコバーの適時三塁打で追い付く粘りを見せたが、その勢いを勝利に結びつけられなかった。

試合結果へ


(セ・リーグ、DeNA3-3阪神=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神10勝8敗3分、30日、横浜)

9回、2点本塁打を放つDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・松永渉平) 

 DeNAが九回2死からロペスの2ランで追い付き、引き分けに持ち込んだ。阪神はガンケルが6回1安打1失点の好投も、抑えのスアレスで逃げ切りに失敗。延長十回は代走熊谷がけん制で刺され、2死満塁で植田が三振に倒れた。

試合結果へ


(セ・リーグ、中日3-17広島、21回戦、広島11勝9敗1分、30日、ナゴヤD)

7回、大盛の2点三塁打で生還し、二走菊池涼とタッチを交わす広島の一走鈴木誠(右)=ナゴヤドーム

 広島が終盤の大量点で1分けを挟み3連勝。2-3の七回に代打鈴木誠の適時打や大盛の2点三塁打などで4点を奪い、逆転した。八回は堂林と鈴木誠の2ランで4点、九回も7点を加えた。中日は救援陣が崩れて4連敗となった。

試合結果へ


(パ・リーグ、ロッテ1-2楽天、22回戦、楽天15勝7敗、30日、ゾゾマリン)

試合終了後、ポーズを決める楽天・岸=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)

 楽天は1-1に追い付かれた直後の八回に暴投で1点を勝ち越した。岸が8回4安打1失点で10三振を奪い、無傷の6連勝を飾った。九回は松井が締めて今季初セーブ。ロッテは打線が好機を生かせず1点止まりで4連敗を喫した。

試合結果へ


(パ・リーグ、西武3-4ソフトバンク、21回戦、ソフトバンク11勝9敗1分、30日、メットライフ)

3回ソフトバンク2死三塁、中村晃が先制の三塁内野安打を放つ=メットライフドーム

 ソフトバンクが5連勝。三回に中村晃の適時打で先制、四回に栗原の2ラン、八回に牧原の犠飛で加点した。東浜が8回無失点で自身7連勝の9勝目、森が30セーブ目。西武は九回に中村の2ランなど1点差に迫ったが届かなかった。

試合結果へ


(パ・リーグ、日本ハム2-3オリックス、21回戦、10勝10敗1分、30日、札幌D)

5回オリックス1死三塁、佐野が中前に同点打を放つ=札幌ドーム

 オリックスが逆転勝ちで連敗を4で止めた。1-2の五回に佐野の適時打で追い付き、安達の適時二塁打で勝ち越した。山岡が2失点で今季初完投して4勝目。日本ハムは連勝が3でストップし、今季の負け越しが決まった。

試合結果へ