2020.10.29 22:49

【指揮官一問一答】広島・佐々岡監督は1軍デビューの田中法を「良いスタートを切れた」

【指揮官一問一答】

広島・佐々岡監督は1軍デビューの田中法を「良いスタートを切れた」

6回、プロ初登板の広島・田中法=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)

6回、プロ初登板の広島・田中法=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 (セ・リーグ、広島3-3ヤクルト=延長十回規定により引き分け、23回戦、広島13勝7敗3分、29日、マツダ)広島が3点のビハインドを追いつき、延長戦の末に引き分けた。佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。

 --3点ビハインドの六回に、高卒2年目の田中法が1回無失点でデビュー

 「初めての登板で3人をしっかり抑えてくれた。ファームから調子が良いと聞いて初めて上がってきて(登板)機会がなかった。緊張感はあったと思うが、良いスタートを切れた」

 --3-3の九回に登板した塹江は3試合連続無失点

 「調子を一回は落としたが立ち直った。立ち直ったことで自信を取り戻している。この1年自信にしていい」

 --九回2死一塁のサヨナラ機で一走・会沢に代走を出さなかった

 「無理だった。捕手が1人しかいない。いろいろ考えたなかで十回だったらあったと思う」

試合結果へプロ野球日程へ