2020.10.27 22:00

【試合結果】西武、2位・ロッテに2差に迫る、阪神は快勝/27日のプロ野球

【試合結果】

西武、2位・ロッテに2差に迫る、阪神は快勝/27日のプロ野球

 プロ野球は27日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

リーグ優勝を決め、タッチを交わすソフトバンク・柳田ら=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

試合速報へ


(セ・リーグ、広島2-0ヤクルト、21回戦、広島12勝7敗2分、27日、マツダ)

お立ち台で笑顔の広島・九里と塹江(右)=マツダスタジアム(代表撮影)

 広島が5年連続のヤクルト戦勝ち越しを決めた。三回に大盛の適時三塁打と田中広の一ゴロで2点を奪った。九里は八回途中3安打無失点で10三振を奪い、自身4連勝で8勝目を挙げた。ヤクルトは打線が高梨を援護できなかった。

試合結果へ


(セ・リーグ、阪神4-1中日、22回戦、阪神12勝10敗、27日、甲子園)

同期2人でお立ち台に上がった阪神・木浪(左)と近本=甲子園球場(撮影・中島信生)

 阪神が3連勝とした。1-1の八回、福の2失策に乗じ、2死二、三塁で近本が2点三塁打。糸原が適時打で続いた。青柳が八回途中1失点と粘り、岩崎に勝ち星。中日は福谷が辛抱強く7回を1点に抑えたが、守備の乱れから自滅した。

試合結果へ


(セ・リーグ、DeNA9-2巨人、21回戦、巨人12勝9敗、27日、横浜)

プロ初安打のボールを手にラミレス監督(右)とポーズをとるDeNA・森=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

 DeNAは三回に乙坂の一ゴロで挟殺の間に1点を先制し、五回にロペスの満塁本塁打、八回にオースティンのソロなどで4点を加点した。大貫は6回5安打2失点で自身初の10勝目。巨人は戸郷が5回5失点と崩れ、3連敗を喫した。

試合結果へ


(パ・リーグ、西武4-3楽天、20回戦、西武11勝8敗1分、27日、メットライフ)

5回、西武・森が逆転となる3点本塁打を放つ=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

 西武が逆転勝ちした。1-3の五回に森が9号3ランを放った。高橋光は力のある直球を軸に7回3失点にまとめて8勝目。九回を抑えた増田が2年連続30セーブをマークした。楽天は則本昂が踏ん張れず6敗目を喫した。

試合結果へ


(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)

優勝が決まり、森のもとに駆け出すソフトバンク・甲斐=ペイペイドーム(撮影・松永渉平) 

 ソフトバンクは投打がかみ合った。五回に中村晃の犠飛で先制。六回に甲斐の2ランで加点し、八回にも甲斐の適時二塁打などで2点を加えた。和田は直球に力があり、6回無失点、8三振で8勝目。ロッテは力負けした。

試合結果へ


(パ・リーグ、オリックス3-5日本ハム、18回戦、オリックス9勝8敗1分、27日、京セラ)

ヒーローインタビューを受ける日本ハム・渡辺=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

 日本ハムが競り勝った。同点で迎えた六回に渡辺の適時打で1点を勝ち越し、七回には大田の中前打で加点した。3番手の加藤が3勝目。宮西が8セーブ目を挙げた。オリックスは2度、追い付いたが、得点後の守備で粘れなかった。

試合結果へ