2020.10.26 05:00

法大・青木監督、任期満了で退任 後任候補にOB加藤重雄氏、大島公一氏

法大・青木監督、任期満了で退任 後任候補にOB加藤重雄氏、大島公一氏

特集:
2020ドラフト情報

 東京六大学野球の法大・青木久典監督(47)が任期満了となる今年12月末で退くことが25日、分かった。後任はOBの元投手で大学時代は通算9勝4敗、社会人野球の日本生命でも活躍した加藤重雄氏(64)、元オリックスの大島公一氏(53)の名前が挙がっている。

 青木監督は社会人のたくぎんなどで活躍し、富士大(岩手)のコーチ、監督を務め、法大助監督から2015年に監督就任。18年秋、今春と2度のリーグ優勝に導き、中山(ヤクルト)、福田光(ロッテ)、宇草(広島)らを育てた。大学サイドでは監督の任期は1期2年で2期までが基本線となっている。