2020.10.26 18:56

阪神4位指名の立命大・栄枝、古田敦也超えを宣言/ドラフト

阪神4位指名の立命大・栄枝、古田敦也超えを宣言/ドラフト

阪神から指名を受けた立命館大・栄枝裕貴=京都府京都市・立命館大学衣笠キャンパス(撮影・安部光翁)

阪神から指名を受けた立命館大・栄枝裕貴=京都府京都市・立命館大学衣笠キャンパス(撮影・安部光翁)【拡大】

 阪神からドラフト4位指名された立命大・栄枝裕貴捕手が26日、京都市内の同校で会見を行い、喜びを語った。以下、代表インタビューの一問一答。

 --ドラフト1位指名された近大・佐藤輝と同じチームになる

 「話したことはあるのでリーグ戦であのときはこうだったな、という話はできればと思います」

 --目標の選手は

 「今、現役だと梅野捕手です。今は守備面、特にスローイングには自信をもっていますが、梅野捕手はスローイングもいいし、打撃もよくてバランスがいい選手だと思う。守れるだけの捕手じゃなく、バランスのいい捕手を目指します」

 --意識する選手は

 「オリックスの山本投手です。同い年の選手が活躍しているのを見て、山本投手の球も受けてみたい」

 --受けてみたい投手は

 「藤浪選手の投球を受けたいです」

 --古田敦也さんの後輩にあたる

 「プレーしているところは正直、見たことがないんですが、首位打者もとられていましたし、盗塁阻止率6割超え(1993年にNPB最高の・644)ですし。自分自分も古田さんの数字を超えられるようになりたいです」

 --矢野監督のイメージは

 「プロ野球はテレビでしか見たことはないんですが、阪神戦を見ると、ヒットとか得点が入ったときはガッツポーズをして喜んでいる場面をお目にかかりますし、選手とすごく近い距離でされている監督さんなのかなと思います」

 --プロでの目標は

 「一番は肩に自信があるので、自分が引退するまでに1軍に定着して、古田さんのもってらっしゃる盗塁阻止率を超えれたらいいなと思います」