2020.10.26 18:09

阪神・矢野監督は1位で近大・佐藤の交渉権を獲得し、「興奮してるね」/ドラフト

阪神・矢野監督は1位で近大・佐藤の交渉権を獲得し、「興奮してるね」/ドラフト

ビデオ会議システムを使いオンラインでの記者の取材に答える阪神・矢野監督=画面複写

ビデオ会議システムを使いオンラインでの記者の取材に答える阪神・矢野監督=画面複写【拡大】

 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日、都内ホテル)4球団競合して近大・佐藤輝明内野手の交渉権を確定した阪神・矢野燿大監督はオンラインで取材で喜びを爆発させた。

 --見事に引き当てた。今の気持ちは

 「めちゃめちゃドキドキしたし、緊張もしたし。昨日の取材でも言ってたけど、シーズン中ということもあって今年はこのような状況だったので、ある意味直感、それを信じて。結果的に引き当てられたので。なんか興奮してるね」

 --右手を入れた。封筒を手にしたとき予感は

 「はじめボックスに手を入れて違うのを触った気がするけど、取れなかったから次のを取って。でも…直感というか、当たってくれとずっと思ってるんだけど、もう任せるしかないし。開けるときは手震えたね」

 --最後に開けたと思うが、周りの雰囲気は

 「ちょっと周り見えてなかった。去年は1番に見てやろうと思って開けてくださいって言われる前に準備してて外れちゃったから。あまり決めてなくて、そしたら手震えて。あまりうまく取れなくて、だから最後になっただけで。周りの状況も見れてなくて、外れたっていうのも周りのリアクションではわからなかったから」

 --交渉権確定というのを見てガッツポーズが

 「やった、っていう思いと、今年は会場がこんな感じで球団のみなさんに向かってガッツポーズって感じの年じゃないのでね。でも会場離れたところにあるんだけど、そこからみんなの喜んでくれてる声が「うわー!」って聞こえたので。ホッとしたっていうのと、なにゃろ。興奮してよくわからんね」

 --佐藤の印象は

 「やっぱりパワーっていうのはね、プロに入ってももちろん上のクラスだし、もちろん佐藤君自身もホームラン打ちたいっていうね、浜風に負けないホームラン打てるパワーっていうのが大きな魅力やし。それに加えて身体能力も高いのでね。本当に、ホームランで点とる佐藤君のバットで点とるっていうのはタイガースファンが待ち望んでいることだと思うので。まずはやっぱり、ホームラン打てるっていうのが大きな魅力じゃない」

 --左のスラッガーとしての将来像はどんな風に

 「もちろん阪神の中心選手っていうのは当たり前やし。タイガース自体も大山がホームラン王争いしてくれるようなところまで今年来てくれてるし。そういうところでいうと球団内でホームラン争いをしてもらって、その先は日本を代表するバッターになっれいってくれる素材、選手だと思うので。その未来像っていうのはね。考えるとわくわくするね」

 --2巡目以降については

 「今からだからあまり言えないけど、でもそのときに1番いいその順位で1番いいと思う選手をしっかりとっていくっていうのは変わらないので。まずはひと段落したので。ここからは抽選もないので、俺的にはちょっとホッとできるというか。あとは縁だと思うので。タイガースと縁がある選手を取れたらなと思ってます」

 --佐藤選手に向けて

 「もうね、地元の選手やし、俺も球団もそしてタイガースファンも、みなさん喜んでくれるのでね。佐藤君がタテジマ着て、プレーしてくれる日を僕らも楽しみにしてるのでね。タイガースファンも待ってるのでね。早く会いたいなと思います」

ドラフト指名選手へ