2020.10.26 19:22

田沢純一は指名されず 史上最高齢34歳 メジャー通算388試合登板/ドラフト

田沢純一は指名されず 史上最高齢34歳 メジャー通算388試合登板/ドラフト

会見の会場に入る埼玉武蔵ヒートベアーズ・田沢純一=埼玉県熊谷市(撮影・加藤圭祐)

会見の会場に入る埼玉武蔵ヒートベアーズ・田沢純一=埼玉県熊谷市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 プロ野球のドラフト会議が26日に都内で開催され、レッドソックスなどで歴代日本人メジャーリーガー3位となる通算388試合に登板した独立リーグ、ルートインBCリーグ埼玉の田沢純一投手(34)は指名漏れ。埼玉・熊谷市内の会見場では球団関係者が「育成ドラフトで指名された場合も会見はいたします」とアナウンスした。

 指名を拒否して外国プロリーグへ渡った選手との契約を一定期間禁止した通称「田沢ルール」が撤廃され、今ドラフトでは指名可能となっていた。また、現行制度ではNPBでプレー経験のない日本国籍選手がNPB入りするにはドラフトを介する必要がある。そんな中で田沢は「高校生にまじって、こんなおっさんが(ドラフト対象選手の中に)いるのは申し訳ない」と話していた。指名されれば、1982年に中日から3位指名された市村則紀の30歳4カ月を超えるNPBドラフト史上最高齢指名となる。

ドラフト指名選手へ

  • 新人選手に選択されず空席の埼玉武蔵ヒートベアーズ・田沢純一の席=埼玉県熊谷市(撮影・加藤圭祐)
  • 渋い表情で中継を聞く埼玉武蔵ヒートベアーズ・角晃多監督(左)ら=埼玉県熊谷市(撮影・加藤圭祐)