2020.10.26 18:17

ロッテ・井口監督、法大・鈴木を「即戦力で考えている」/ドラフト

ロッテ・井口監督、法大・鈴木を「即戦力で考えている」/ドラフト

ドラフト会議に臨むロッテ・井口資仁監督(c)NPB/BBM2020

ドラフト会議に臨むロッテ・井口資仁監督(c)NPB/BBM2020【拡大】

 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日、都内ホテル)ロッテは、外れ1位で法大・鈴木昭汰投手を指名。ヤクルトとの抽選の末に交渉権を獲得した。1位指名は早大・早川隆久投手だった。

 以下、ロッテ・井口監督の一問一答。

 --鈴木を1位指名

 スピードボールの左腕。早川投手と同じくらいの評価をしていた選手。

 --鈴木の評価は

 攻めたピッチングをできるピッチャー。左のパワーピッチャーを探していた。

 --競合して、引き当てたときは

 「引き当てたというよりは2回とも最後の一枚だったので引き当てたわけではないけれど、残っていてくれてよかった」

 --彼にはどういった活躍を期待

 「即戦力で考えている。アピールしてもらって十分先発ローテに入ってくれると思う」

 --鈴木にメッセージ

 「マリンで投げる姿を期待している。早く会いたいです」

ドラフト指名選手へ