2020.10.26 20:21

ソフトバンク・王会長「いいドラフトになったと思うよ」 1位指名は花咲徳栄・井上

ソフトバンク・王会長「いいドラフトになったと思うよ」 1位指名は花咲徳栄・井上

特集:
2020ドラフト情報
ソフトバンクに1位指名され、ガッツポーズを見せる花咲徳栄の井上朋也選手=26日午後、同校(内田優作撮影)

ソフトバンクに1位指名され、ガッツポーズを見せる花咲徳栄の井上朋也選手=26日午後、同校(内田優作撮影)【拡大】

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、近大の佐藤輝明内野手にオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団、早大の早川隆久投手にもヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が1位指名で競合し、佐藤は阪神、早川は楽天が交渉権を獲得した。

 中日は地元の愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手、日本ハムも本拠地北海道の苫小牧駒大の伊藤大海投手を単独で1位指名。広島はトヨタ自動車の栗林良吏投手、DeNAは明大の入江大生投手を単独指名した。

 外れ1位では法大の鈴木昭汰投手にヤクルトとロッテの指名が重複し、ロッテが交渉権を得た。オリックスは福岡大大濠高の山下舜平大投手、西武は桐蔭横浜大の渡部健人内野手、ソフトバンクは埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手、巨人は亜大の平内龍太投手を指名。抽選で2度敗れたヤクルトは慶大の木沢尚文投手を指名した。

ソフトバンク・王貞治球団会長「井上君は前々から非常にいい選手だと聞いていた。これからのホークスを支える選手になってくれればと期待している。いいドラフトになったと思うよ」

ドラフト指名選手へ

  • ソフトバンクに1位指名され、記者会見に臨む花咲徳栄の井上朋也選手=26日午後、同校(内田優作撮影)