2020.10.26 21:02

中日・与田監督はドラフト会議終え「100点」

中日・与田監督はドラフト会議終え「100点」

ドラフト会議に臨む中日・与田剛監督(c)NPB/BBM2020

ドラフト会議に臨む中日・与田剛監督(c)NPB/BBM2020【拡大】

 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日、都内ホテル)ドラフト会議を終え、中日・与田監督が代表取材に応じた。一問一答は以下の通り。

 --指名終了。全体を終えて点数は

 「100点です」

 --1位・高橋投手、2位は森投手、1位で消えるのでは、と言われていた投手も指名できた

 「はい、100点です」

 --2位・森投手の評価ポイントは?

 「非常に強気のピッチング、そういったことが魅力が多いという見方をしている。やっぱり基本であるストライクゾーンで勝負ができる。そういう強い気持ちを持っているピッチャーじゃないかなと思います」

 --森投手は即戦力の期待を持っている?

 「いや、もう、それはみんなに対して同じことなので、やっぱりみんなプロで経験しているわけではないので、あくまでもドラフトの順位というのはあっても、みんなに同じ気持ちで期待をしています」

 --投手4、野手2という形になった。バランス的には思い通り?

 「いろんな思いがあるので、他チームとのバランスもあるし、いろんな思いがありますけど、全体的にはホントに、いいドラフトだったと思っています」

ドラフト指名選手へ