2020.10.25 22:10

阪神、ドラフト1位は公表せず 矢野監督「楽しみの方がおもろい」

阪神、ドラフト1位は公表せず 矢野監督「楽しみの方がおもろい」

ビデオ会議システムを使い、オンラインで記者の取材に答える阪神・矢野監督

ビデオ会議システムを使い、オンラインで記者の取材に答える阪神・矢野監督【拡大】

 阪神は25日、東京都内のホテルでドラフト前日のスカウト会議を行った。約1時間半の会議の後、矢野監督と畑山スカウト統括がオンラインで取材に応じたが、1位指名は公表しなかった。

 矢野監督は「楽しみの方がおもろいやん。最後の最後まで楽しみにしてもらえれば」と不敵な笑み。有力候補の近大・佐藤輝明内野手(21)については「もう、評判通り。パワーもあるし、身体能力も高い。スケールの大きさは感じる。そういう選手って、ごろごろ出てくる選手ではないんで、本当に魅力あるなと。映像を見ても、そう思っています」と高く評価した。

 決定もドラフト当日に持ち越したとみられる。畑山スカウト統括は「何人かには絞り込んだ。各担当(スカウト)から1位評価をあげてもらい報告してもらった。あした最終的に決めたい」と説明した。

ドラフト上位候補へドラフト情報へ