2020.10.25 17:59

DeNA・佐野、6試合ぶりスタメン復帰で悲劇 ヘッスラで左肩負傷 

DeNA・佐野、6試合ぶりスタメン復帰で悲劇 ヘッスラで左肩負傷 

8回、DeNA・大和の適時打で進塁試みるも野手と交錯しアウトになったDeNA・佐野=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)

8回、DeNA・大和の適時打で進塁試みるも野手と交錯しアウトになったDeNA・佐野=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-0広島、最終戦、DeNA14勝8敗2分け、25日、横浜)背中の張りを訴えていたDeNA・佐野恵太内野手(25)が、「4番・左翼」で6試合ぶりにスタメンに復帰。1打席目に中前打を放つなど、2打数1安打でリーグトップの打率・328をキープした。

 健在ぶりを見せた復帰戦だったが、悲劇は最後に待っていた。八回2死一、二塁から大和の右翼線への安打で、一塁走者だった佐野は一気に三塁を回ったが、間に合わないと切り返し三塁へヘッドスライディングで帰塁。この際に左腕が突っ張る形で負傷。険しい表情のままトレーナー、ラミレス監督とともにベンチへ戻り、九回の守備から退いた。

 試合後、球団は「左肩に違和感を覚えているので、きょうはトレーナーが治療を行い、明日以降にチームドクターにみてもらう」と発表した。

試合結果へプロ野球日程へ