2020.10.24 13:14

ドジャース・ビューラー、WS初勝利 ロバーツ監督も称賛「最高の投球」

ドジャース・ビューラー、WS初勝利 ロバーツ監督も称賛「最高の投球」

レイズ戦に先発したドジャースのビューラー=アーリントン(共同)

レイズ戦に先発したドジャースのビューラー=アーリントン(共同)【拡大】

 米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は23日、アーリントンで第3戦が行われ、ドジャース(ナ・リーグ)が筒香の所属するレイズ(ア・リーグ)を6-2で破り、2勝1敗とした。

 ドジャースは26歳の先発ビューラーが6回1失点でワールドシリーズ初勝利を挙げた。四回まで無安打。第2戦で2本塁打のB・ローを3打席連続三振とするなど10三振を奪った。

 レギュラーシーズンは右手のまめの影響で1勝止まりだったが、大舞台で本領発揮した。「勝つことが何より大事。あと2勝したい」と淡々と話した。(共同)

ドジャース・ロバーツ監督の話「(好投のビューラーに)直球も変化球も良かった。必要な時に高めも突いていた。この時期に最高の投球を見られてうれしい」