2020.10.24 18:43

智弁学園、終盤に打線爆発 4強で選抜有力 秋季高校近畿大会

智弁学園、終盤に打線爆発 4強で選抜有力 秋季高校近畿大会

 来春の選抜高校野球大会の出場校を決める重要な資料となる秋季近畿大会第3日は24日、京都市のわかさスタジアム京都で準々決勝1試合と1回戦2試合が行われ、智弁学園(奈良)が4強入りを決めて、選抜大会出場を有力にした。大阪桐蔭と天理(奈良)は8強進出。

 智弁学園は終盤に打線が爆発し、龍谷大平安(京都)を8-3で退けた。大阪桐蔭は長田(兵庫)に8-0で七回コールドゲーム勝ち。天理は乙訓(京都)に2-1で競り勝った。

試合結果へ