2020.10.24 14:49

ソフトバンク・大竹が25日先発「平常心で重圧を感じずに」

ソフトバンク・大竹が25日先発「平常心で重圧を感じずに」

 (パ・リーグ、ソフトバンク-西武、19回戦、24日、ペイペイドーム)ソフトバンク・大竹耕太郎投手(25)がキャッチボールなどで調整。25日の西武戦で1軍登録され、先発登板する。「2軍でやってきた投球から変えることもない。平常心を心がけたい。変な重圧を感じずにやっていきたい。今年の集大成だと思って」と意気込んだ。

 今季は2試合に登板して1勝0敗、防御率2・53。8月19日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来の1軍マウンドで「自分の中で足りないからそうなった(1軍定着できなかった)。前回上がってきたときよりも自信を持っていけると思う」と力を込めた。

 24日の結果次第では、リーグ優勝がかかる一戦。早大時代にも胴上げ投手を経験しているといい「そういうのに強いと思い込みたいですね」と笑った。工藤監督も「ファームから推薦をいただいた。その先(CS、日本シリーズなど)も含めて考えていきたい」と期待していた。

試合結果へプロ野球日程へ