2020.10.23 19:40

ソフトバンクが12連勝に向け先制 グラシアルが激走!

ソフトバンクが12連勝に向け先制 グラシアルが激走!

4回、ソフトバンク・松田宣が犠牲フライを放ち、グラシアルが生還する 捕手は西武・森=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

4回、ソフトバンク・松田宣が犠牲フライを放ち、グラシアルが生還する 捕手は西武・森=ペイペイドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク-西武、18回戦、23日、ペイペイドーム)

 15年ぶりの12連勝に向け、ソフトバンクは松田宣浩内野手(37)の中犠飛で先制した。

 四回先頭のグラシアルがストレートの四球。続く栗原は空振り三振も、スタートを切っていたグラシアルが今季2つめの盗塁となる二盗に成功した。続く明石の右前打と右翼・木村の悪送球で1死二、三塁となり、松田宣が打席に立った。

 フルカウントから中堅方向へ浅めの飛球。微妙な距離だったが、三走・グラシアルはためらうことなくスタートを切った。ヘッドスライディングでタッチをくぐり、先制のホームを奪った。

 この日まで、11連勝のうち先制したのは9試合。先発投手が試合を作り、逃げ切るパターンになっている。

試合結果へプロ野球日程へ