2020.10.23 05:02(1/2ページ)

日本ハム、球団史上初の“道産子1位指名”公言!MAX156キロ右腕の苫小牧駒大・伊藤大海

日本ハム、球団史上初の“道産子1位指名”公言!MAX156キロ右腕の苫小牧駒大・伊藤大海

特集:
2020ドラフト情報
2018年6月の全日本大学野球選手権・日本文理大戦で完投勝利を飾った伊藤。最速156キロの本格派右腕だ

2018年6月の全日本大学野球選手権・日本文理大戦で完投勝利を飾った伊藤。最速156キロの本格派右腕だ【拡大】

 日本ハムは22日、北海道出身の最速156キロ右腕、苫小牧駒大・伊藤大海(ひろみ)投手(4年)を26日のドラフト会議で1位指名することを公表した。吉村浩ゼネラルマネジャー(GM、56)が明かしたもので、球団初の“道産子1位指名”。早大・早川、近大・佐藤の1位競合が予想される中で、即戦力右腕を一本釣りできる可能性もある。

 2004年のダルビッシュ、07年の中田、12年の大谷…。その年のナンバーワンと決めた選手を独自路線で指名してきた日本ハムが今秋の1位を決めた。北の大地で生まれ育った伊藤だ。

 「今年のナンバーワン選手と評価した。先発に加えてクローザー(抑え)としての適性も評価している」と吉村GMが明言した。15日のスカウト会議では1位候補に最速155キロ左腕の早大・早川らもリストアップしていたが、ドラフト会議の4日前に伊藤の1位指名を公表した。

 駒大苫小牧高から16年に駒大進学後、1年秋に退学して翌17年に苫小牧駒大へ編入。規定で1年間は公式戦に登板できなかったが、18年に頭角を現すと、18、19年は大学日本代表に選出され、昨年は抑えも任された。最速156キロの速球に加えてカーブ、スライダー、スプリット・フィンガード・ファストボールなど変化球も多彩だ。

 昨年10月には自身のYouTubeチャンネルを開設。野球少年や球児のためにトレーニング法などを積極的に発信し、6月に投稿した「キャッチボール ルーティン」は2万2000回以上も視聴されている。

【続きを読む】

  • 伊藤は昨年の大学日本代表で抑えを任された