2020.10.22 22:46

西武・平良が今季初セーブ「力で押し切ることができた」

西武・平良が今季初セーブ「力で押し切ることができた」

5番手で登板した西武・平良=メットライフドーム (撮影・山田俊介)

5番手で登板した西武・平良=メットライフドーム (撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武7-4ロッテ、23回戦、西武15勝8敗、22日、メットライフ)西武の平良が今季初セーブを挙げた。連投していた抑えの増田を休ませるため、7-4の九回に登板。1死で四球を与えたが、藤原を空振り三振に、荻野を一直に仕留め「いつもと変わらない気持ちでマウンドにいった。力で押し切ることができた」とうなずいた。

 昨年8月のプロ初セーブは、北海道釧路市での試合に中継ぎで投げ、八回途中に日没コールドゲームとなって転がり込んだ。九回を抑えてセーブを挙げるのは初めてで「最終回を締めてゼロで終えられて良かった」と安堵した。

試合結果へプロ野球日程へ