2020.10.22 22:00

CS諦めん!西武、2位・ロッテに3ゲーム差 スパンジェンバーグが3週間ぶり一発

CS諦めん!西武、2位・ロッテに3ゲーム差 スパンジェンバーグが3週間ぶり一発

4回、右本塁打を放つ西武・スパンジェンバーグ =メットライフドーム (撮影・山田俊介)

4回、右本塁打を放つ西武・スパンジェンバーグ =メットライフドーム (撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武7-4ロッテ、23回戦、西武15勝8敗、22日、メットライフ)3位・西武が、2位・ロッテとのゲーム差を「3」に縮めた。

 「8番・三塁」で先発出場したスパンジェンバーグが、一振りで球場の雰囲気を変えた。同点で迎えた四回。勝ち越しとなる13号2ランを放ち、本拠地に詰めかけたレオ党を沸かせた。

 「勝ち越しの場面で回してくれたから、何とか生かせるように打席に入った」

 小島が投じた124キロのスライダーを完璧に捉え、右中間席へ。10月1日のオリックス戦(京セラ)以来、3週間ぶりとなる一発に「いい感じで打つことができた」と笑顔を見せた。チームとしても、6試合ぶりのアーチだった。

 助っ人の一発に外崎も続いた。第1打席は二塁内野安打、第2打席は左中間を破る二塁打と2安打を放って迎えた五回の第3打席。小島の131キロのカットボールを振り抜き、レオ党の待つ左翼席に6号3ラン。「左翼」で出場したこの日は、三回に藤岡の左前打を後逸。その後の失点に結びついてしまった。「何とか挽回したいという気持ちで打席に入った」とミスをバットで取り返した。(樋口航)

試合結果へプロ野球日程へ

  • 5回、左本塁打を放つ西武・外崎=メットライフドーム(撮影・山田俊介)