2020.10.22 23:04

自己最多タイ、30号の日本ハム・中田は「どうでもいい」 敗戦に「自分の責任」

自己最多タイ、30号の日本ハム・中田は「どうでもいい」 敗戦に「自分の責任」

9回、本塁打を放つ日本ハム・中田=札幌ドーム(撮影・土谷創造)

9回、本塁打を放つ日本ハム・中田=札幌ドーム(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム2-4ソフトバンク、24回戦、日本ハム6勝17敗1分、22日、札幌ドーム)日本ハム・中田翔内野手(31)は九回に30号ソロを放ち、リーグトップの打点を102に伸ばしたが、一塁で守備のミスもあり、敗戦の責任を背負いこんだ。

 「きょうの負けは自分の責任です。(吉田)輝星は完璧に近いピッチングをしていたのに、自分が足を引っ張って悔しく思います。次は援護できるように頑張ります」

 0-1の五回1死一、二塁から柳田のゴロを弾いてしまい、併殺どころかピンチを広げてしまい、先発の吉田輝はそこから3点を奪われた。痛恨のミスだっただけに、球団を通じたコメントに悔しさをにじませた。

 シーズン30号は2015年に並ぶ自己最多。「自分にとってはどうでもいいこと。それどころではないです」と多くを語らなかった。

試合結果へプロ野球日程へ