2020.10.21 22:03

ソフトB、10連勝でM8点灯!千賀9勝目、中村晃が決勝犠飛

ソフトB、10連勝でM8点灯!千賀9勝目、中村晃が決勝犠飛

6回、大田泰示の犠飛で本塁を狙うがタッチアウトとなる日本ハム・中田(左)。右はソフトバンク・甲斐=札幌ドーム(撮影・土谷創造)

6回、大田泰示の犠飛で本塁を狙うがタッチアウトとなる日本ハム・中田(左)。右はソフトバンク・甲斐=札幌ドーム(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)ソフトバンクが逆転勝ちで今季初の10連勝を飾った。ロッテが西武に敗れたため、優勝へのマジックナンバー8が点灯した。先発の千賀が6回2/3を投げ、7安打1失点で9勝目(6敗)を挙げた。

 先制したのは日本ハム。二回、エラーと渡辺の内野安打で無死一、二塁とし、大田が左前適時打を放った。ソフトバンクは五回一死二塁で周東が左中間を破る適時三塁打を放ち同点とすると、続く中村晃が右犠飛を打ち上げて勝ち越した。

 日本ハムは六回に一死二、三塁のチャンスを作るが、大田の右飛を栗原が本塁に好送球。ワンバウンドで甲斐のミットに収まり、生還を試みた中田を刺した。

 ソフトバンクは七回、二死から2四球で一、二塁とし柳田、グラシアルの連続適時打で3点を追加した。日本ハムはその裏、二死満塁としたが近藤が空振り三振。ソフトバンクは八、九回にも加点し突き放した。

試合結果へプロ野球日程へ