2020.10.20 21:08

阪神は広島に敗れる 藤川が引退表明後初登板

阪神は広島に敗れる 藤川が引退表明後初登板

特集:
藤川球児
移籍・退団・引退
6回に登板した阪神・藤川=西宮市・甲子園球場(撮影・林俊志)

6回に登板した阪神・藤川=西宮市・甲子園球場(撮影・林俊志)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分け、20日、甲子園)

 阪神は広島に1-5で敗れた。先発したガルシアは三回2死満塁から西川に左前へ2点打を浴びて先制を許した。その後、再び満塁となったところで坂倉に投手強襲の2点打を浴び、3回5安打4失点で降板となった。

 甲子園が盛り上がりを見せたのは六回。藤川が引退を表明後、初登板。8月10日DeNA戦(横浜)以来、71日ぶりに1軍のマウンドに上がった。先頭の三好に左前打を許したが、続く上本を遊直。飛び出した一走も刺して2死。続く九里を見逃し三振に仕留めて無失点で終えた。

 打線は九里に対して八回まで1安打のみ。九回に近本、代打・原口の連打で1死一、二塁とすると糸井が右前へ適時打。1点を返したが、反撃は及ばなかった。

試合結果へプロ野球日程へ