2020.10.20 22:58

広島・西川、初4番で先制打「何とも思っていない。ただ4番目に回ってくる」

広島・西川、初4番で先制打「何とも思っていない。ただ4番目に回ってくる」

三回、2点適時打を放つ広島・西川龍馬=甲子園球場(撮影・松永渉平)

三回、2点適時打を放つ広島・西川龍馬=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)広島の西川がプロ5年目で初めて4番で先発した。「何とも思っていない。ただ4番目に回ってくる」と気負うことなく、三回に先制の2点打を放った。2死二、三塁から鈴木誠が申告敬遠され、塁が埋まって打席へ。ガルシアの速球を左前にはじき返し「追い込まれていたので、コンパクトに打つことができた」と手応えを語った。

 8月下旬にコンディション不良で離脱し、今月11日のヤクルト戦から復帰。「チームに迷惑を掛けていた。何とか残りでちょっとでも返していかないといけない」と奮闘を期した。

佐々岡監督(九回途中1失点の九里に)「本当にナイスピッチング。最後は残念だったが、しっかりと試合をつくってくれた」

坂倉(三回に2点打)「九里さんが頑張っていたので、追加点につながって良かった」

試合結果へプロ野球日程へ