2020.10.19 05:00

阪神・糸井、2安打1打点「勝ちたいという一心で打ちました」

阪神・糸井、2安打1打点「勝ちたいという一心で打ちました」

特集:
糸井嘉男
四回、適時打を放つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・門井聡)

四回、適時打を放つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)阪神・糸井が2安打1打点で2度の得点に絡んだ。四回に1点を追加して、なおも2死一、三塁で右前適時打。「打ったのはストレート。勝ちたいという一心で打ちました」。五回の守備では、坂口のフェンス際の飛球に追いついて落球。今季2個目の失策が失点につながったが、8試合連続安打と打撃は好調。六回2死で四球を選び、3出塁で代走を送られた。

試合結果へプロ野球日程へ