2020.10.17 15:27

ブレーブスが逆転負け ドジャース2勝目

ブレーブスが逆転負け ドジャース2勝目

 米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は16日、サンディエゴなどで行われた。ナ・リーグはアーリントンで第5戦が行われ、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)に7-3で勝ち、2勝3敗とした。六回にスミスが逆転3点本塁打を放った。

 二回までに2点を先行したブレーブスは逆転負けを喫した。スニトカー監督は「チャンスに追加点が取れず、攻撃の勢いが止まってしまった」と嘆いた。

 投手陣は本来は救援の左腕ミンターが先発で3回無失点と好投。「信じられないようないい仕事」(監督)だったが、後続が失点を重ねた。

 ただ、白星先行は変わらない。次戦先発の左腕フリードは「ワールドシリーズ出場を懸けたマウンドはエキサイティングだ」と力を込めた。(共同)

ブレーブス・スニトカー監督の話「チャンスに追加点が取れず、攻撃の勢いが止まってしまった。タフなシリーズで一つ勝つのは簡単ではないが、残り2試合で1勝できればいい」

ドジャース・ロバーツ監督の話「(スミスの逆転3ランに)若い選手の活躍はいつも楽しみ。大きな一打だった。甘い球ではなかったが、素晴らしいスイングだった」