2020.10.17 17:18

オリックス4連敗でストップ 3年ぶりの西武戦勝ち越しを決める

オリックス4連敗でストップ 3年ぶりの西武戦勝ち越しを決める

 6回、オリックス・モヤが2点本塁打を放ち、大下(手前)と“胸タッチ”=メットライフドーム(西武ドーム)(撮影・尾崎修二)

6回、オリックス・モヤが2点本塁打を放ち、大下(手前)と“胸タッチ”=メットライフドーム(西武ドーム)(撮影・尾崎修二)【拡大】

 (パ・リーグ、西武1-4オリックス、23回戦、オリックス12勝10敗1分、17日、メットライフ)オリックスが連敗を4で止め、3年ぶりの西武戦の勝ち越しを決めた。五回に大下のソロで先制。六回にモヤの2ラン、九回には吉田正の適時打で加点した。張奕は6回3安打無失点で2勝目。西武は打線がつながりを欠いた。

試合結果へプロ野球日程へ