2020.10.16 05:03(1/2ページ)

ヤクルト・五十嵐、サイドスローに挑戦していた!引退会見で仰天告白「どうにかしてやっていく道はないか」

ヤクルト・五十嵐、サイドスローに挑戦していた!引退会見で仰天告白「どうにかしてやっていく道はないか」

引退会見に臨んだ五十嵐。涙はなく、笑顔で引退試合への意気込みを語った (球団提供)

引退会見に臨んだ五十嵐。涙はなく、笑顔で引退試合への意気込みを語った (球団提供)【拡大】

 今季限りで現役を退くヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が15日、東京・北青山の球団事務所で引退会見を行った。今季はここまで1軍登板がなかったが、復活の道を探るべく横手投げに挑戦していたことを明かした。同学年の石川雅規投手(40)に「200勝してほしい」とエールを送り、予定されている引退試合では「引退を撤回するぐらいの勢いでやりたい」と覚悟を示した。

 スーツ姿の五十嵐は、すっきりとした表情だった。NPBで通算822試合、米大リーグで通算83試合に登板した鉄腕が、23年間の現役生活を振り返った。

 「シーズン前から、結果が出なかったら引退する覚悟でやってきた。体は元気だったんですが、結果を見つめ直したときに辞めるときなのかな、という気持ちが強くなりました」

 並々ならぬ向上心で逆境を乗り越えてきた。「この世界で生きていくためには何を選択すればいいか」。2004年に当時の日本選手で最速タイとなる158キロをマークした直球を武器に37セーブを挙げ、最優秀救援投手に輝いた。

 10年には海を渡り、メジャー挑戦。13年に移籍したソフトバンクではナックルカーブを球種に加え、3年連続で50試合以上に登板。古巣に復帰した昨季は45試合でマウンドに上がった。

【続きを読む】

  • 引退会見を行ったヤクルト・五十嵐