2020.10.16 21:57

ロッテ・藤原、史上3人目の快挙!プロ1号に続き2号も先頭弾!

ロッテ・藤原、史上3人目の快挙!プロ1号に続き2号も先頭弾!

1回 ロッテ・藤原が右中越え先頭打者本塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム(撮影・荒木孝雄)

1回 ロッテ・藤原が右中越え先頭打者本塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ5-1日本ハム、22回戦、ロッテ13勝9敗、16日、ゾゾマリン)大阪桐蔭高からドラフト1位で入団して2年目のロッテ・藤原が、14日の楽天戦(ZOZOマリン)に続く初回先頭打者本塁打。鮮やかにチームに流れを呼び込んだ。

 「打ったのはストレート。カウントが良かったので思い切っていった。しっかり自分のスイングができた」

 一回、先頭で入った打席で、2ボールから杉浦の3球目の真っすぐを完璧に捉えた。プロ1、2号を初回先頭打者として記録したのは、パ・リーグでは1953年の栗木(毎日=現ロッテ)以来、67年ぶりとなった。

 1-1の同点に追いつかれた直後の三回、2死無走者で迎えた第2打席でも、2ボール2ストライクからスライダーを捉えて右前打。すかさず二盗を決めて、マーティンの25号2ランにつなげ、チームに勝ち越しをもたらした。

 主力に新型コロナウイルスの感染者が続出し、6日に今季初めて1軍に昇格。7日から8試合連続で先発出場し、早くも3度目の複数安打をマークした。守備でも四回2死二塁の場面で、左翼方向への宇佐美の飛球を走りながら好捕。逆転優勝を狙うチームで、20歳の若武者が攻守で存在感を発揮している。(石井孝尚)

試合結果へプロ野球日程へ

  • 1回、ロッテ・藤原が右中越え先頭打者本塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム(撮影・荒木孝雄)