2020.10.16 19:45

ロッテ・藤原、プロ2号も先頭打者弾 パでは67年ぶり

ロッテ・藤原、プロ2号も先頭打者弾 パでは67年ぶり

1回ロッテ無死、藤原が右中間に先頭打者本塁打を放つ=ZOZOマリン

1回ロッテ無死、藤原が右中間に先頭打者本塁打を放つ=ZOZOマリン【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、22回戦、16日、ゾゾマリン)ロッテの藤原が14日のプロ初本塁打に続き、プロ2本目も初回先頭打者本塁打でマークした。2ボールで杉浦の速球を豪快に振り抜き、右中間席中段に運び「カウントが良かったので、思い切っていった。しっかり自分のスイングができた」とうなずいた。

 プロ1、2号を初回先頭打者本塁打で記録するのは、パ・リーグでは1953年の栗木(毎日)以来、67年ぶりとなった。1-1の三回2死無走者では2ボール2ストライクでスライダーを捉えて右前打。すかさず二盗を決め、マーティンの2ランにつなげた。

 主力に新型コロナウイルスの感染者が続出し、6日に今季初めて1軍に昇格した。7日から8試合連続で先発出場し、早くも3度目の複数安打をマーク。逆転優勝を狙うチームで欠かせない1番打者になりつつある。(ZOZOマリン)

試合結果へプロ野球日程へ