2020.10.16 21:11

巨人、自力マジック減らしに失敗 DeNA・佐野の一撃に屈す

巨人、自力マジック減らしに失敗 DeNA・佐野の一撃に屈す

8回、DeNA・佐野(手前)に同点ソロを浴びた巨人・大江=横浜

8回、DeNA・佐野(手前)に同点ソロを浴びた巨人・大江=横浜【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人は競り負け、自力でマジックを減らすことはできなかった。DeNA・佐野は球団6人目となる5試合連続弾でチームに勢いをつけた。

 DeNA・井納、巨人・今村の息の詰まるような投げ合いが続いた。今村は3回まで2安打無失点に抑えていたが、四回にピンチを迎えた。この回、先頭の佐野に中前打を許すと、宮崎の遊ゴロを坂本が悪送球し、無死一、二塁に。続くロペスを四球で歩かせて無死満塁となった。しかし、今村は戸柱、大和を空振り三振、井納を一ゴロに打ち取り、このピンチを乗り切った。

 DeNA・井納も三回1死三塁の失点場面で、吉川尚を二ゴロ、松原を三邪飛に打ち取ってしのぎ、七回、味方の悪送球などが絡んで2死一、二塁としたピンチでも香月を投ゴロに仕留めた。今村は6回4安打無失点、井納は7回4安打無失点でマウンドを降り、両チーム無得点のまま終盤に向かった。

 試合が動いたのは八回の巨人の攻撃。DeNA2番手パットンを攻め立て無死一、三塁とすると、坂本の中犠飛で均衡を破った。しかし、その裏、巨人2番手の大江が佐野に20号ソロを浴びて同点に。佐野は球団6人目となる5試合連続弾となった。代わった巨人4番手ビエイラも勢い増したDeNA打線を止めることができず、2死二塁から大和に右翼線への適時二塁打を許し、1-2と逆転された。

 巨人は九回、先頭の田中俊がDeNA3番手・三嶋から三塁打を放ち、無死三塁のチャンスをつくったが、大城、立岡、吉川尚が三振に打ち取られた。

試合結果へプロ野球日程へ

  • 8回を終え、選手交代を告げる巨人・原辰徳監督=横浜スタジアム(撮影・中井誠)