2020.10.16 22:52

広島は攻守かみ合わず 佐々岡監督、救援陣を嘆く

広島は攻守かみ合わず 佐々岡監督、救援陣を嘆く

選手交代を告げるためベンチを出た広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

選手交代を告げるためベンチを出た広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、広島6-8中日、18回戦、広島9勝8敗1分、16日、マツダ)広島は攻守がかみ合わなかった。床田は先制点をもらった直後の二回、3連打に失策が絡んで追い付かれ、木下拓には落ちる球を左越えに運ばれる3ランで勝ち越しを許した。1点を追う八回は小刻みな継投も実らず、2失点。九回も失点を重ね、その裏に鈴木誠のこの日2本目のアーチとなる3ランも及ばなかった。

 佐々岡監督は「ビハインドの継投で役割をしっかりやってもらいたかった」と嘆いた。17日にも優勝の可能性が消滅する危機に直面した。(マツダ)

試合結果へプロ野球日程へ