2020.10.15 05:00

BC埼玉・田沢、最終戦0封 ヤクルトスカウト好評価

BC埼玉・田沢、最終戦0封 ヤクルトスカウト好評価

 レッドソックスなどで米大リーグ通算388試合に登板したBCリーグ・埼玉の田沢純一投手(34)が14日、神奈川との最終戦(埼玉・上尾市民球場)の五回に2番手で登板。1回1安打無失点で、日本球界復帰シーズンを締めくくった。

 「けがなく終われてよかった。野球人生で経験したことのないことができた。感謝したい」

 社会人から直接大リーグ入りしたため、NPB球団でプレーするにはドラフトで指名される必要がある。9月に、12球団が指名を拒否して海外のプロリーグへ渡った選手との契約を一定期間禁止した通称“田沢ルール”を撤廃したため、今年の指名候補に急浮上した。

 この日はバックネット裏で3球団のスカウトが視察した。ヤクルト・中西スカウトは「年齢はあるが、十分通用するボールだった」と評価。右腕は26日のドラフトに向けて「指名されるかどうか分からないので、指名されたら、いろんな人と相談しながら決めたい」と語った。(樋口航)