2020.10.13 19:44

天理・中村監督、橋本総監督告別式で涙

天理・中村監督、橋本総監督告別式で涙

橋本武徳さん

橋本武徳さん【拡大】

 高校野球の天理高を率いて夏の甲子園で2度優勝し、9日に死去した橋本武徳総監督(享年75)の告別式が13日、奈良県の天理教第12母屋で行われた。1986年初優勝時の主将の中村良二・天理高監督(52)、90年2度目優勝時のエース・南竜次氏(48)ら236人が参列した。

 中村監督は8日に橋本さんの自宅で約30分間会話。9日午前中の訃報で駆けつけ手を握って感謝の思いを伝えたという。17年夏の甲子園で橋本さん直筆の「笑」の帽子で4強進出したことが話題となったが、弔事では今秋奈良予選前にさらに大きな「笑」を書いてもらい優勝したことを披露。「まさに橋本マジック。近畿大会も『笑』の帽子で臨みます。橋本先生、ボチボチいきましょう」と近畿を勝ち抜き選抜出場を涙ながらに誓った。

南竜次氏「のびのび自由にやらせてもらって甲子園で勝った。『お前しかいないから』と信頼してもらえた。ああいう監督にあったことがない。人生変わりました」