2020.10.10 15:51

阪神・大山が2本目の適時打

阪神・大山が2本目の適時打

4回、適時打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・門井聡)

4回、適時打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神ーDeNA、19回戦、10日、甲子園)阪神は2ー2の同点に追いつかれた直後の四回二死一、三塁で、大山が2番手・遠藤から一回に続く適時打を右前に放って、勝ち越した。「打ったのはストレート。追いつかれたあとだったので、すぐに勝ち越したいと思っていました」とコメント。これで今季は66打点となった。

試合結果へプロ野球日程へ