2020.10.4 05:04(1/2ページ)

ドラ1確実!早大・早川が13K初完封、プロ10球団スカウト絶賛「森下以上」「いうことなし」

ドラ1確実!早大・早川が13K初完封、プロ10球団スカウト絶賛「森下以上」「いうことなし」

特集:
侍ジャパン
2020ドラフト情報
早川は4安打13奪三振で初完封。五回に大柿を三振に斬り、マウンドで雄叫びを上げた (撮影・田村亮介)

早川は4安打13奪三振で初完封。五回に大柿を三振に斬り、マウンドで雄叫びを上げた (撮影・田村亮介)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ第3週第1日(3日、神宮)1回戦が行われ、早大が2-0で法大に勝利。ドラフト1位候補のエース・早川隆久投手(4年)が9回4安打13奪三振でリーグ戦初完封を飾った。最速155キロ左腕は、国内プロ10球団の球団幹部、スカウトが視察する中で、三塁も踏ませない好投を見せ、通算10勝目を挙げた。

 最後まで危なげのない投球だった。早大のエース・早川はいつもよりもゆったりした投球フォームで、春を制した法大打線を相手にわずか4安打。三塁すら踏ませない圧巻のピッチングでリーグ戦初完封を飾った。

 「とにかく法政に勝つことだけを考えてやってきた。(完封は)三振は意識せず、低めに丁寧に投げた結果。それも『10番』をつけているから、こうしてできたと思う」

 主将でもある早川は151キロの速球を軸に、ツーシームも駆使して、無四球で13奪三振をマーク。本格派左腕が48試合目で通算10勝を手にした。

 4年秋で初の完封勝利。開幕週(9月19日)の明大戦は17奪三振を記録したが、1失点で完封を逃した。今週火曜日には、大学時代に通算20勝で6完封を記録した小宮山監督から「ドラフトで1位指名される投手が一度も完封していないのは格好悪い」と背中を押され、「隙のない野球をしないといけない」と奮い立った。

 10月26日のドラフト会議まで残り23日。アマ球界ではナンバーワン投手の呼び声が高く、野手の近大・佐藤とともに1位指名で競合は確実とみられている。この日のバックネット裏には国内10球団の球団幹部、スカウトが駆けつけた。

【続きを読む】

  • 先発の早稲田・早川隆久=神宮球場(撮影・田村亮介)