2020.10.1 07:30(1/2ページ)

【虎のソナタ】ちょうど1年前に「名手」ラスト甲子園 早く出てこい!鳥谷の後継者

【虎のソナタ】

ちょうど1年前に「名手」ラスト甲子園 早く出てこい!鳥谷の後継者

特集:
阪神タイガース連載
虎のソナタ
昨年10月1日付のサンスポ(最終版)。奇跡のCS進出で1面・最終面のぶち抜き紙面が完成した

昨年10月1日付のサンスポ(最終版)。奇跡のCS進出で1面・最終面のぶち抜き紙面が完成した【拡大】

 ダントツの12球団最多失策チームだからなぁ…と頭の片隅で自分を慰めてしまった。直後に首を左右に振って、いやいや、厳しく指摘しなくちゃ、と思い直す自分がいた。世界のホームラン王でありソフトバンク会長の王貞治さんも言っていたよな。「プロはミスをしていけない」と。

 一回無死一塁から遊ゴロ。よし、ゲッツーや! と思った瞬間に小幡がトンネルして一、三塁。その後の二盗のシーンでも、小幡がワンバウンド送球を捕球していればタッチアウトだった。記録に残らないミス。結局、走者が塁上に残り、先制点を失う。相手先発は1点を取るのが大変な大野雄大なのに。

 阪神ファンも、過去10数年の監督も、ショートの守備を心配する必要がなかった。そこへ飛べば、どこへ飛ぶよりもアウトの確率が高い鳥谷敬(現ロッテ)という名手がいたから。

 ちょうど1年前の9月30日は、鳥谷が甲子園でプレーした最後の日。もし、クライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いて、日本シリーズ出場を果たせば、再び甲子園に戻れる-。そんな思いを込めて、10月1日付の1面は「奇跡CS まだ終わらない 虎の鳥谷」という熱~い1面、最終面ブチ抜いた紙面をお届けした。あれから1年。

【続きを読む】