2020.9.30 16:21

広島・白武スカウト部長、早大・早川&近大・佐藤を高評価

広島・白武スカウト部長、早大・早川&近大・佐藤を高評価

特集:
2020ドラフト情報

 広島が30日、広島市のマツダスタジアムで今年3度目のスカウト会議を実施し、10月26日のドラフトに向け、大学生・社会人の指名候補を61人に絞り込んだ。

 競合必至の最速155キロ左腕、早大・早川隆久投手、大学ナンバーワンスラッガーの近大・佐藤輝明内野手ら投手12人、野手3人の計15人が上位候補に挙がった。

 会議で映像を確認した白武佳久スカウト部長(60)は「ことしのドラフトは即戦力では早川、佐藤の2人が中心。早川は即戦力として一番。球速、駆け引き、球種の全部を持っている。佐藤は間違いなくレベルの高い選手」と高評価した。4度目のスカウト会議は10月10日に実施する。