2020.9.25 05:03(1/2ページ)

阪神・梅野、最短29日復帰いける!右脇腹負傷から驚異の回復「順調すぎる」

阪神・梅野、最短29日復帰いける!右脇腹負傷から驚異の回復「順調すぎる」

鳴尾浜でゴロ捕球を再開した梅野。最短復帰へ、意欲満々だ(代表撮影)

鳴尾浜でゴロ捕球を再開した梅野。最短復帰へ、意欲満々だ(代表撮影)【拡大】

 「9・29」、選手会長が“最速”復帰だ! 右腹斜筋の筋挫傷で2軍調整中の阪神・梅野隆太郎捕手(29)が24日、鳴尾浜で練習。初めてゴロ捕球を行うと、最短10日間での1軍昇格へ「普通に(いける)」と力強く話した。26日には屋外フリー打撃も再開予定。首位巨人に11・5ゲーム差と窮地の虎だが、25日からのヤクルト3連戦(神宮)を乗り切れば、大きくなった扇の要が帰ってくる!

 最後の最後まで逆転Vへの夢をつなぐ。不動の扇の要が、最短10日間での復帰へ熱い思いを吐露した。右脇腹の負傷で離脱中の梅野が鳴尾浜で練習。29日の中日戦(甲子園)からの昇格へ自らゴーサインを出した。

 「(状態は)問題ない。全く、問題なく。今のところ問題ないかな。確認っていう感じやったけど、ほぼほぼフルでできていた感じがする。最短(復帰)でもまだあと4日ぐらいある。そう考えたら、このままいけば普通に(いける)」

 前日23日のティー打撃再開に続き、この日も2軍の残留組とともにダッシュやキャッチボール。三塁ファウルゾーンではゴロ捕球も行い、守備練習を再開した。「ほぼほぼフルに近いぐらい動けてるし、問題ないかな」と何度も強調した。

 アクシデントに見舞われたのは17日の巨人戦(東京ドーム)。二回の攻撃でホームにかえった直後に交代し、病院へ。翌18日に「右腹斜筋の筋挫傷」で約4年ぶりに登録を抹消された。

【続きを読む】

  • 今季も攻守に渡ってチームを引っ張っている梅野